そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 11日

すしほ会、青森の旅  2

三内丸山遺跡から約30分位で青森市内に入り次の目的地、< ねぶたの家 ワ、ラッセ >

館内は昨年、優秀な賞を獲得した5基の山車が展示してあり、
暗い館内を進むと鮮やかな原色の光を放った迫力の有る、ねぶたの山車が眼に飛び込んで来る。
鮮やかで綺麗な武者絵の迫力は芸術品だ。
d0166643_14361746.jpg


写真や動画で見た時は、もう少し大きい物かと思ったのが正直な感想だが凄い迫力。
実際に、ねぶたの山車が勇壮うに夏の夜のドラマを演出して練り歩くのを見てみたいものだ・・・、
d0166643_14375511.jpg


d0166643_14402080.jpg


d0166643_14421576.jpg


d0166643_14435328.jpg


d0166643_14444160.jpg


d0166643_1453244.jpg


自動販売機も、ねぶたバージョンさすが青森・・・
d0166643_1457444.jpg


朝一番の新幹線に乗ったので、三匹のオッサンはそろそろ疲れが出てきて、
直ぐ近くの青森県観光物産館アスパムの展望台でお茶を飲み休憩する事にする。
d0166643_151225.jpg


展望台の入場料金400円でお茶が飲めないと言う事で直ぐ下の階の展望レストランで、
海を眺め、ゆったりソファーに座りながら飲む果汁100%のりんごジュース美味かった(りんごジュース250円)
d0166643_14584276.jpg


この後、青函連絡船 八甲田丸を見学の予定だがオッサン達は疲れの為か、暗黙の了解でスルー・・・
その足で今夜の宿、浅虫温泉に直行、到着後直ぐにオーシャンビューの最上階の温泉に浸かりフッーとため息・・・

お楽しみの夕食宴会、さー乾杯
d0166643_1523321.jpg


今回は地元の焼酎(津軽海峡)をボトルで頼み、口当たりが良く、楽しい宴会は盛り上がり
気が付くと、我々が最後まで御食事処で飲んでいた・・・(汗)
d0166643_1525542.jpg



この後津軽三味線のライブが有るので、そちらに移動・・・
正直、あまり津軽三味線には興味は無かったのだが、目の前で聞く激しいリズムの迫力と、
寒い北国の情念みたいものが感じられて、津軽弁の語りを聞きながらのライブ、
津軽三味線の魅力を認識した。
演奏者の名前は忘れたが、数々のコンクールで優勝した中年美人だから良かったのかな・・・(笑)

部屋に戻ってから、残りの焼酎<津軽海峡>で再度宴会・・・
毎度同じの昔話から始まり、健康話で三匹のオッサンは大盛り上がりだが、
いつもの週間で11時前には夢の中・・・


7月5日
朝から快晴、この中に晴れ男が居るなと言う話に成り、皆自分だと自負している・・・(笑)
朝食前に目の前の海を眺めながら入る目覚めの露天風呂最高・・・


本日の予定は、2時頃に新青森駅に着かなくては成らないので近くの浅虫水族館を見学。
d0166643_9483792.jpg


d0166643_9495957.jpg


考えて見ると水族館は子供が小さい時以来、見学者も小学生の遠足や幼児を連れた親子で、
ごった返している。孫を連れて来たら喜びそうだ・・・
d0166643_951051.jpg


d0166643_9565732.jpg


d0166643_106333.jpg


昼食は青森市場で名物のっけ丼を体験、100円のチケットの10枚綴りを購入。
まずチケット1枚でご飯、片手にご飯を持ち市場の中を海鮮の具を探し歩き周りる。
具によってチケット1枚や2枚、好きなものを乗せて行く。
好きなものばかりだと、何となく色合いがパッとしないがアイデアが面白いので当たったのだろう・・・

d0166643_1064480.jpg

美味しい食事の後、近くにある別の市場で、お土産は今夜の夕食用の、生マグロと貝付き生食ホタテ購入・・・
重たい物ばかり選んだので持って帰るのは大変だが、今夜の夕食も豪華になりそうだ・

d0166643_11502041.jpg

今回のすしほ会も1泊だが、歳相応にゆったりスケジュール、休憩も多く取り、
会話を楽しむ余裕だ出来て、充実した満足な旅が出来た。
[PR]

by rakusou-cc | 2014-07-11 12:09 | ぶらり旅 | Comments(0)


<< 台風一過、炎天下深大寺コース      すしほ会、青森の旅 1 >>