そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 27日

能登半島の旅  2

  24日  (2日目)

旅行に来ても、いつもの起床時間5時に眼が覚めてしまう。
まだ暗いが日の出を見ようと海を眺めていたが、目の前の能登島に朝もやが掛って、
少し明るく成って来たが太陽はまだ顔を出さない。

d0166643_14272689.jpg





七尾湾西湾から見る能登島大橋の朝もやに日が射して幻想的な風景・・・

d0166643_14275099.jpg





ホテルからバスで5分、のと鉄道和倉温泉駅からローカル線に乗る??
JRの赤字路線で廃線から第三セクターで営業が始まった、なつかしの路線。

d0166643_14325855.jpg





単線で電化されていないディーゼル車両。

d0166643_1436771.jpg






車内はワンマンカーでまるでバスのような料金徴収システム。
三つ先の能登中島で下車、ここでツアーバスに乗り換える、
これってローカル線の体験乗車、この企画は要らないと思うのだが、鉄チャンは喜ぶのかな?

d0166643_14364062.jpg






次に向かう場所は能登金剛、厳門。
途中、雰囲気の良い港の丘の上に日本最古のランプの灯台、常に補修で白い色を塗り保存している。

d0166643_14402288.jpg






日本海は冬に成ると海が荒れて激しい波の侵食で奇岩の海岸線が多い。

d0166643_14414522.jpg







d0166643_14425771.jpg







いよいよ楽しみな加賀藩の庭園、兼六園
兼六園と言えばこの灯篭有る風景、この灯篭は運ぶ途中で片足が折れて短く成り、
今の様な形に成った・・・怪我の功名

d0166643_14484677.jpg






巨大な古木の松に圧倒される。

d0166643_14511549.jpg






園内の散策は迷わない様にガイドさんの後に着いてゾロゾロと移動。

d0166643_14521327.jpg






この天照大身神の銅像の下の石積みは、何も固めていないのに能登大地震でも
崩れなかったらしい、さすが神の力が加わったのだろう!!

d0166643_14553232.jpg






この噴水は白山の湧水池の落差を利用して一年中、同じ高さに吹き上がっている先人の知恵だ。

d0166643_14584951.jpg






お昼は近江町市場で自由解散で食事処を探して歩き回り、何処も混雑、・・・
空いて居そうなお店で金粉の掛かった海鮮丼を注文、写真では凄く大きく見えた。
メニューとは大違い、小海鮮丼、具も少ない、金箔だけが目だっている・・・眼が点!!
前もって情報を仕入れて行くべきだった。





その後、箔座の黄金の茶室を見学。

d0166643_155566.jpg






d0166643_1563369.jpg






近くの、ひがし茶屋街に移動。

d0166643_1575421.jpg






落ち着いた町家の風情が残る通りを散策・・・

d0166643_1595435.jpg






d0166643_15111588.jpg






d0166643_15134860.jpg





ここで2日目は最後、山代温泉に泊まる。
昔は多いに栄えた温泉街も今は寂れている温泉に、失礼、静かな温泉街。
温泉の泉質はアルカリ泉、肌がスベスベ、のんびり温泉に浸かり一日が終了。
[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-27 15:20 | ぶらり旅 | Comments(0)


<< 能登半島の旅  3  (1)      能登半島の旅  1 >>