そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 09日

夏日の浅川サイクリングロード

今日は一日ゆっくり時間を使って走ろうと決めていた。
目的地は羽村の堰か浅川CR終点までと思っていたて、走りながら考える事で・・・

9時15分出発

多摩サイは気持ちの良い風が吹いて爽やかで暑さも感じない・・・
今日は日曜日の為か人出が多く非情に走り難いが、いつもの走行タイムでせせらぎ館に到着・・・

走りながら考え、久しぶりに多摩サイ終点の羽村の堰に向かう事に決定・・・(何となく)

d0166643_1855047.jpg


多摩水道橋は東京側に渡ると、いつもと様子が違う・・・
ゼッケンを付けたランナーの集団が行き交い大変な事に成っている・・・
マラソン大会をやっている。

府中市の多摩サイは歩行者が端を右側通行して、真ん中を自転車が左側通行・・・
自転車と歩行者が逆走に成り、狭い多摩サイが4車線状態で危険極まり無い。
自転車同士のすれ違いは肩が擦れ合いそうな状態で逃げ場が無く、
一歩間違えれば大きな事故の繋がり兼ねない・・

府中市は自転車を締め出す為に作った車線としか思えない。
確かに一部の無謀な自転車乗りもいるのは事実。
自転車と歩行者の事故が多く、苦肉の策かも知れないが少しやり方が違うのではと思う・・・

いつもは平日に走っているので、それほど感じなかったが、文句ばかり言っても仕方が無い。
確かに皆が楽しむ道、それぞれが譲り遭い、歩行者優先を守ってゆっくり走ろうと思う。
d0166643_1873768.jpg


暫らくは気をつけて走っていたが、どうも地区ごとにマラソン大会をやっている様で、
ランナーが途切れない。この先どこまで大会コースに成っているのかわからない。
この際、危険を避ける為に目的地を浅川サイクリングロードに変更。
次の府中四谷大橋を渡り直す。
d0166643_1882292.jpg


こちら側は殆んど人が居ない・・・
平日の多摩サイの雰囲気で快適に走れそうでホッとする・・・
d0166643_1893390.jpg


真っ直ぐ進み、支流の浅川CRに入り一番橋を反対側に渡る。
前回、帰りにハンガーノックでバテバテの所を救われた、前方のセブンイレブンで食料を調達。
ここまで水分しか補充していなかったので、早速、赤飯にぎりをパク付く・・・
d0166643_18101540.jpg


暫らく進み、反対側に渡り直し、途中の湯殿川を迂回して直進、
コース唯一の踏み切り、八高線を渡る。
d0166643_18112841.jpg


前方に高尾山系の山並み視界に入って来た。

何だか脚が重く成って来てスピードダウン・・・
ハンガーノックを防ぐ為に、おにぎりを食べて、糖分摂取に飴ををなめててたはずだが・・・
d0166643_18131215.jpg


もう直ぐ終点、無理をしないで高尾駅から輪行で帰ろうか自分との葛藤が有り、
休憩を兼ね、ゆっくりできる場所を探して考える事に・・・

d0166643_1814835.jpg


暫らく戻って休憩場所を探すが中々良い所が無く、随分先にやっと見つかる。
しかし帰路方向に走っていると、何だか脚が軽く成り、このまま戻れそうだ。

d0166643_21545385.jpg



ここでおにぎりを補給して休んでいると、後ろで消防訓練をやっている。
掛け声を聞いていると、どうも女性消防士の訓練だ。
男優りのキビキビと動きで審査員が見ていて大会の様だ。
放水の飛沫がこちら側に飛んで来て、気持ちよいミストシャワーだ・・・・
休憩がてら暫らく見学をしてから出発。
d0166643_18182592.jpg


体調が戻ったと思ったら一時的だった様で、今度は脚が攣りそう・・・
脚をかばいながら走って多摩サイに入り、前方に関戸橋が見えて来た。
d0166643_18193940.jpg


関戸橋を渡り、木陰を探して休憩をとりストレッチ・・・
残りのおにぎりを食べて、長めの休憩を取り脚の攣りも治まって来た。
d0166643_1821488.jpg


残りのコースはスピードを抑えてママチャリ速度走行で3時に帰宅。
帰宅後すぐにシャワーを浴びて、1時間ほどぐっすり寝てしまった。
今日は一人旅なのでマイペースで走ったつもりだったが、
自分の体調みて、歳相応の走りをしないと駄目だと実感・・・


    走行距離    89.57キロ
    平均速度     19.5キロ
    
    間違えて最高速度と走行時間を消してしまった・・・(またやってしまった)
[PR]

by rakusou-cc | 2013-06-09 18:58 | 自転車 | Comments(0)


<< 花菖蒲の四季の森公園      高幡不動尊 金剛寺 >>