そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 23日

紅葉前の九品仏

 11月22日

ここの所、急に冷え込んで来たので、そろそろ九品仏の紅葉も始まっているのではと、
いつもの年より早いが微かな期待と駄目もとで、夫婦で出掛けてみた。

天気は曇りで午後から晴れ間が覗く予報、到着した11時頃は空もどんよりして肌寒い。

山門から見える、もみじはまだ緑一色、やはり早かったか、、、


d0166643_1313970.jpg



中に入ると仁王門は改修工事をしている様で、足場とネットに囲まれて中が見えない。


足場の間をぬけると、ご神木の大銀杏が眼に飛び込んで来た。
大銀杏は紅葉が始まって、黄色い葉を落とし始めている。

近づくと銀杏の実の独特の臭いがして来た。


d0166643_1354567.jpg



d0166643_138435.jpg



d0166643_139580.jpg



参拝者も少なく静かな境内は、心洗われる雰囲気が漂って、
会話も自然と小さい声に成ってしまう。


d0166643_13301033.jpg


もみじは一部、木が先端部分が少し色付いている程度だが、
華やかさが始まる前の眼に優しいグラデーションも綺麗だ。

d0166643_14243999.jpg



d0166643_1312867.jpg


毎年、秋真っ盛りの華やかな時期に来ているのだが、落葉前に濃い緑も心癒される、、、

d0166643_13233870.jpg



d0166643_13153276.jpg


人が少ないので、何だかテンポも遅くゆったりと散策が出来た

d0166643_1324559.jpg


次は昨年のコースと同じ、等々力駅から等々力渓谷を散策。



その前に身体も冷えて来たので昼食を取る事にする。


丁度、駅すぐ近くに賑わっている古民家風に中華レストランに入る。

店名が [ ざいもく屋 ] 中華なのだが作りは和風。

中華レストランだと、何とか飯店とか言う屋号に成りそうだが、
古民家を改築した様な感じなので、以前は材木屋だったのかな?

店内は順番待ちの人が大勢いたが、10分位で席に案内された。

高級そうな雰囲気だが金額はリーズナブル、料理も大変美味しかった。

お腹が空いていたので料理の写真を撮影するのを忘れてしまった。  (笑)  



身体も温まり腹ごなしに等々力渓谷散策に出発。

[ ざいもく屋 ] のすぐ先を右に曲がると渓谷に降りられる。

ここは紅葉樹が少ないので、どちらかと言うと森林浴。
ところが途中、交通量が多い環八通りの橋が横切る都会の真っ只中。
それでも一歩渓谷に入ると、ほとんど都会の喧騒が聴こえない。
かる鴨が浮かんでいて清流に近い場所だ。

d0166643_1327425.jpg


途中の等々力不動尊に寄ったが、まったく紅葉は見られない。
やはり紅葉が始まるのは12月に入ってからに成りそうだ。



それほど疲れていないので、そのまま渓谷沿いに多摩川まで出る。

太陽も顔を出して気温も上がって来た。

河川敷も冬を迎える為の秋色に成っていた。

d0166643_1539766.jpg


少し距離は有るが、のんびりと景色を眺めながら二子玉川駅までの散歩に成った。
[PR]

by rakusou-cc | 2012-11-23 15:52 | つれづれ散歩 | Comments(0)


<< もみじ燃ゆる本土寺      秋の昭和記念公園散策 >>