そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 11日

玉川兄弟にご挨拶

今日は気温が18度と言う予報、、、
これは自転車日和でしょう。
出掛けないのはもったいない!

仕事に出掛ける妻を駅まで送ってから、
出発が10時30分、そんな遠くは行けない!

目的地を決めず出掛けるなら多摩サイ、、、
取りあえず、せせらぎ館まで、、、

何か又、サイクルコンピュータが変だ、、、
今日はスピードが上がらない、疲れているのかな??
試しに人が居ないのを見計らって全速で走ってみた、20キロ位しか出ない、、、
電池交換したばかり、せせらぎ館で点検、タイヤサイズの設定は合っている、、、
電池をもう一度入れ直してみて再出発、今度は通常に戻った。
多分、接触不良だった様だ。今度起きた時は、再起動すべきだ、、、

さて深大寺コースにするか、それとも目先を変えて上流部に行ってみるか、、、
京王閣競輪場横をスルー、上流部に行ける所まで行く事に、、、
PM1時を限度でターンする事にする、、、

土曜日なので多摩サイは人通りが多く、しかも向かい風、途中でターンかな??
d0166643_1974593.jpg

関戸の先の四谷セブンで昼飯をゲット、11時30分、、、
まだ昼食には早いので、途中の河川敷の公園でしようかな!

これから先は一部、途中多摩サイが切れて住宅街を抜けて又、戻る変化に富んでコース、
こんな、つり橋が有る、、、
d0166643_1928351.jpg

上流部に来ると多摩川も様子が変わり渓流の様な感じに成って来た、、、
この近くで太古の鯨の骨が発掘された、ここら辺も海の中だったのだ、、、
近くに、くじら公園と言う名称の公園も有る位だ、、、
d0166643_19223015.jpg

福生の公園まで来た、
12時20分、ここで時間を潰すより、もう少し先に行けそう、、、
多摩サイ最終点、羽村まで後、13キロ、1時間は掛からないだろう、、、
距離を気にすると焦って辛く成るのでマイペースで走る、、、

河川敷の森の中を抜けるコースは好きな場所、、、
前回は春の桜の頃、ここは桜は無いが新緑が綺麗、
今日は葉が落ちて晩秋の雰囲気これも良いな、、、
d0166643_19381226.jpg

そろそろ、羽村上水堰が見えて来た、、、
今回は向かい風で思う様なスピードが上がらず時間が掛かった様な気がする、、、

12時55分、それでも、まあまあ予定通りかな!

早速、玉川兄弟にご挨拶、、、
江戸の飲料水を確保する為、多摩川上水の大工事を成し遂げた功労者、、、
d0166643_19523439.jpg

ここで一度、多摩川を堰き止めた様な羽村取水堰
d0166643_1948651.jpg

食事にする、おにぎり2個では足りなかったかな、、、
その分ゲットしたロールケーキこれがスタミナ源に成りそう、、、
後ろのロードバイクは、違います、、、
d0166643_2091381.jpg

ここで時間は余り取れない、日が沈む前に帰りたい、、、
1時20分、帰路に着く、、、
え~帰りも向かい風、午後からは海風に変わるから仕方無いか、無理せずマイペース、、、
食事して少し休憩を取ったので、思ったより疲れが回復している、
後は太陽と競争だ、、、

2時40分、一気に四谷セブンまで休憩を取らずに来た、
実は先ほど、ロールケーキを半分残しておいた、、、
ここで休憩を兼ねたスタミナ補給(美味い)

四谷セブン前の土手で少し長めの休憩を取ってからスタート、、、
向かい風がきつくスピードダウン、、、
それでも脚を回していれば前に進む、ゆっくりでも良い、、、

3時30分 せせらぎ館でトイレタイム、、、、
後はノンストップで行けそうだ、、、

4時 太陽が沈む前に予想通り帰宅、、、

きょうも、よくローディーさんに抜かされた、、、
見かけは若そうに見えるが、実はバテバテおやじ(笑)

まさか、羽村まで行くとはね、調子乗りすぎ、、、
次回は時間に余裕を持って、のんびり行く事にしよう、、、

   走行距離  94.8キロ
   平均速度  19.6キロ
   最高速度  34キロ
   走行時間 4時間45分34秒
[PR]

by rakusou-cc | 2010-12-11 20:45 | 自転車 | Comments(2)
Commented by mako at 2010-12-11 22:36 x
けっきょく最後まで走っちゃったし、おいっ(爆)

晩秋の多摩サイもいー雰囲気ですね
明日はゆっくりお休みください
Commented by rakusou-cc at 2010-12-12 09:05
makoさんへ
翌日は残念ながら、仕事です。

多摩川は四季を通じて楽しめるフィールドですね。
同じ所を走ってもその都度、違う感動が有ります。
それが直ぐ多摩サイに足が向いてしまう理由かな!


<< たこ焼きパーティー      晩秋の九品仏 >>