そんな休日

rakusoucc.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

能登半島の旅   3  (2)

永平寺の次に東尋坊クルーズ・・・・

予定では東尋坊の岩場から乗船の予定が波が高い為に接岸が出来ず、
近くのヨットハーバーからの出航。
東尋坊の岩場に向かう途中、柔かい地層の岩が波で侵食された無数の穴が開いている。

d0166643_10263114.jpg



崖ギリギリに生えている松の木は波の浸食で数年先、きっと海に落ちてしまうだろう・・・

d0166643_10384397.jpg





東尋坊の地名は昔、悪い僧侶が仲間の僧侶から恨みをかい、岩場から突き落とされた僧侶の名前。

それで自殺の名所に成ったのではないだろうか??

d0166643_10142664.jpg





予定では岩場ギリギリに近づき迫力の有る断崖を見上げるはずだったが、波の為に遠くを通過・・・残念

d0166643_1049750.jpg





d0166643_10535073.jpg





d0166643_1032346.jpg





d0166643_107481.jpg




  雄島(越前海岸で一番大きな島)

d0166643_10582731.jpg




  雄島  ハチの巣岩

d0166643_1121072.jpg




d0166643_1155820.jpg





 雄島  板状節理

d0166643_11381528.jpg





d0166643_11463122.jpg





ライオン岩・・・何処から見てもライオンには見えないが??

d0166643_129132.jpg



クルーズが終わりお土産屋で昼食。
船の出港場所が遠くだったので、時間が押してしまい食後の残り時間が15分。
東尋坊の崖の上からの散策は時間ギリギリ、慌てていたので記念撮影しか出来なかった・・・(涙)


この画面は記念撮影の人物をトリミング。
この場所は、よく2時間サスペンスドラマのロケをする断崖。
これ以上崖に近づき、つまずいたら海にダイビングしそうだ・・・(笑)

d0166643_12102848.jpg





 最後の見学場所   安宅の関

d0166643_12133898.jpg





関守、富樫泰家の同情で源義経と武蔵坊弁慶が無事に関所を通過出来たと言う。
歌舞伎が好きな人なら直ぐに解ると思うが演目の一つ、勧進帳でも有名。

わざわざ遠くから買いに来る程の御利益の有る難関突破のお守りを購入。
御利益が有るまで何年でも持っていられるそうだ。一生持っている事に成るかな・・・(笑)

d0166643_12161651.jpg




その後、小松空港から夕日を見ながら帰路に着いた。
久しぶりのツアーは忙しかったが、濃い内容の旅行だった・・・少々お疲れ、歳かな??

正直な感想、次回は自分で企画したゆっくり旅行も良いかな・・・
[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-30 21:44 | ぶらり旅 | Comments(1)
2013年 09月 28日

能登半島の旅  3  (1)

  
  25日  (3日目)

今日はホテルを、ゆっくり9時出発。

九谷焼窯元を見学した後・・・曹洞宗、大本山 永平寺をお参り・・・

d0166643_13331631.jpg





参道に入ると不思議と荘厳で清らかな空気に変わったのが解る。

d0166643_1334550.jpg





昔、永平寺が火災で焼失して、曹洞宗の総本山を鶴見の総持寺に移した。
それなので永平寺は曹洞宗大本山に成って居るのだろう。

d0166643_13351672.jpg





撮影はお坊さんに向けなければ、後は制限無しと言うが何処を向けてもお坊さんが居て、
中々シャッターを押すチャンスが無いので建物回りを撮影する。

d0166643_13594356.jpg





d0166643_919133.jpg





d0166643_143970.jpg





d0166643_1435621.jpg





d0166643_15453167.jpg





d0166643_145381.jpg





d0166643_1464113.jpg





d0166643_1410648.jpg




d0166643_14192057.jpg




  山門の四天王

d0166643_1427582.jpg





d0166643_14285172.jpg





d0166643_1435353.jpg




  報恩塔 (納経塔)

d0166643_14361091.jpg





d0166643_14454685.jpg





この後の東尋坊(絶景クルーズ)も写真が多そうなので、
勝手ながら次回のアップにしたいと思いますので、懲りずに訪問して下さい。
[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-28 15:46 | ぶらり旅 | Comments(0)
2013年 09月 27日

能登半島の旅  2

  24日  (2日目)

旅行に来ても、いつもの起床時間5時に眼が覚めてしまう。
まだ暗いが日の出を見ようと海を眺めていたが、目の前の能登島に朝もやが掛って、
少し明るく成って来たが太陽はまだ顔を出さない。

d0166643_14272689.jpg





七尾湾西湾から見る能登島大橋の朝もやに日が射して幻想的な風景・・・

d0166643_14275099.jpg





ホテルからバスで5分、のと鉄道和倉温泉駅からローカル線に乗る??
JRの赤字路線で廃線から第三セクターで営業が始まった、なつかしの路線。

d0166643_14325855.jpg





単線で電化されていないディーゼル車両。

d0166643_1436771.jpg






車内はワンマンカーでまるでバスのような料金徴収システム。
三つ先の能登中島で下車、ここでツアーバスに乗り換える、
これってローカル線の体験乗車、この企画は要らないと思うのだが、鉄チャンは喜ぶのかな?

d0166643_14364062.jpg






次に向かう場所は能登金剛、厳門。
途中、雰囲気の良い港の丘の上に日本最古のランプの灯台、常に補修で白い色を塗り保存している。

d0166643_14402288.jpg






日本海は冬に成ると海が荒れて激しい波の侵食で奇岩の海岸線が多い。

d0166643_14414522.jpg







d0166643_14425771.jpg







いよいよ楽しみな加賀藩の庭園、兼六園
兼六園と言えばこの灯篭有る風景、この灯篭は運ぶ途中で片足が折れて短く成り、
今の様な形に成った・・・怪我の功名

d0166643_14484677.jpg






巨大な古木の松に圧倒される。

d0166643_14511549.jpg






園内の散策は迷わない様にガイドさんの後に着いてゾロゾロと移動。

d0166643_14521327.jpg






この天照大身神の銅像の下の石積みは、何も固めていないのに能登大地震でも
崩れなかったらしい、さすが神の力が加わったのだろう!!

d0166643_14553232.jpg






この噴水は白山の湧水池の落差を利用して一年中、同じ高さに吹き上がっている先人の知恵だ。

d0166643_14584951.jpg






お昼は近江町市場で自由解散で食事処を探して歩き回り、何処も混雑、・・・
空いて居そうなお店で金粉の掛かった海鮮丼を注文、写真では凄く大きく見えた。
メニューとは大違い、小海鮮丼、具も少ない、金箔だけが目だっている・・・眼が点!!
前もって情報を仕入れて行くべきだった。





その後、箔座の黄金の茶室を見学。

d0166643_155566.jpg






d0166643_1563369.jpg






近くの、ひがし茶屋街に移動。

d0166643_1575421.jpg






落ち着いた町家の風情が残る通りを散策・・・

d0166643_1595435.jpg






d0166643_15111588.jpg






d0166643_15134860.jpg





ここで2日目は最後、山代温泉に泊まる。
昔は多いに栄えた温泉街も今は寂れている温泉に、失礼、静かな温泉街。
温泉の泉質はアルカリ泉、肌がスベスベ、のんびり温泉に浸かり一日が終了。
[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-27 15:20 | ぶらり旅 | Comments(0)
2013年 09月 26日

能登半島の旅  1

 
  23日  (1日目)

遅めの夏休みが取れて、二泊三日の夫婦旅・・・
能登半島は初めて、単独の旅行は効率が悪いのでツアーに参加・・・

羽田から朝9時30分発、能登空港行き・・・

天気は曇りだが、水平飛行に入ると快晴で雲海が綺麗、快適な飛行・・・

d0166643_1561853.jpg






機内サービスのコーヒーを飲んでしばし景色を楽しんでいたら、
機内アナウンス・・・当機は間もなく着陸態勢に入ります・・・
飛び立ったばかりなのに、窓から富山湾の景色が見えて来た!!
コーヒーを一服している内に到着、約1時間そんなに遠くに来た感じがしないが、しかし楽だ・・・

d0166643_15322756.jpg





到着して直ぐバスで、輪島塗工房の見学。

d0166643_1585589.jpg





職人さんが漆の下塗りをしては削りを数回繰り返し、表面を滑らかにする。
最後に完全密閉された部屋で最後の漆を塗り仕上げ、深みの有る光沢の器が出来上がる。

d0166643_1510304.jpg






漆の表面に模様を堀り、更に漆を塗り乾かない内に金箔を振り掛け蒸着してから漆を塗る。
素晴しい模様を作る、日本の巧みの職人技は世界に誇れる技に一つだ・・・

d0166643_15114040.jpg





金額を見るとビックリ桁違い・・・ゼロの数を数えてしまう

d0166643_15143847.jpg






d0166643_1512316.jpg






d0166643_15132963.jpg






 次は輪島キリコ会館

キリコとは何ぞや??言葉の響きから、ろくろで削った木の器かなと勘違いしていた。
恥ずかしい、輪島の人の怒られそうだ・・・(汗)
中に入ってビックリ、建物の三階建て高さの巨大な灯篭・・・

d0166643_15192511.jpg






切子灯篭を神輿の様に勇壮の担いで練り歩く、能登切子祭り・・・

d0166643_1528531.jpg






7月から9月まで何処かの町や村で威勢のよい掛け声や笛や太鼓が鳴り響き、
夜を徹して練り歩く勇壮な祭り・・・

d0166643_1534442.jpg






d0166643_15351236.jpg






d0166643_15365290.jpg






輪島白米千枚田 (世界農業遺産認定)

到着すると道路拡張工事で撮影ポイントに近づけず、思っていたイメージと少し違った。
それでも目の前に広がる青い海と棚田の景色に見とれてしまう・・・

d0166643_15392231.jpg






田んぼの面積は小さい所で、稲が6株しか取れない所も有るらしい・・・

d0166643_15395983.jpg






その後、あげ浜塩田と武家屋敷を見学した後、
本日最後の所、禄剛灯台
明治16年に建てられた能登半島最先端の灯台。
今は海上保安庁の管理下、無人の全自動灯台として役目を果たしている。
高い場所に有る為、見掛けは背が低く灯台らしい感じがしない・・・

d0166643_15445085.jpg






この標識を見ると朝鮮半島やロシアが近い日本海だなと実感する・・・

d0166643_1545354.jpg






灯台に向かう途中、水平線上に浮かんで見える大きな船をバスの中から望遠で撮影。
走行中に望遠撮影なのでピントが合っていないが、どう見ても空母にしか見えない??
最近、日本海の近隣諸国に色々問題が起こっているので、米軍の空母?がいるのだと思うのだが・・・

d0166643_1546158.jpg






午後6時過ぎに和倉温泉のホテルに到着、近くに日本一の有名な加賀屋ホテルが有るが、
今回、泊まるホテルも全室オーシャンビューで綺麗なホテル。
温泉の泉質は塩化ナトリュウム泉でゆっくり浸かり疲れが取れ、露天風呂から海を眺めを堪能・・・


次回は2日目の旅日記をアップします。
[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-26 15:53 | つれづれ散歩 | Comments(0)
2013年 09月 20日

淨慶寺の秋

甚大な被害が出た台風が過ぎ、ようやく朝晩は秋めいて来た。
日中は気温は高めだが湿度が少なく、散歩には気持ちの良い日和。

最近、近所を散歩していると白い彼岸花が眼に着いて来る。

彼岸花をネット検索すると、淨慶寺(麻生区柿生)の彼岸花ブログを見つけた。
淨慶寺と言えば、紫陽花とばかりと思っていたので意外・・・
昨年の記事だが裏の山道に中々良い雰囲気で彼岸花が咲いている。
今年の情報は入って無いが、もしかしてと期待半分で出掛けた。


入り口を入るとお馴染みの羅漢さん達が迎えてくれる。
ところが境内の彼岸花はチラホラ、一人先に来て彼岸花の撮影をしている方が居る、
他に誰も居ないので、静まりかえり清らかな空気が漂って居る。


羅漢さん達の近くに彼岸花が咲いていないので、一緒に画面に納めるのが難しい・・・
彼岸花の他にスミレと思われる小さい花が咲いている、花の名前を勉強しなくては・・・(汗)

d0166643_20342613.jpg









羅漢さん達の撮影は後にして裏山に登ってみると思っていた通り、秋がそこに有った。

d0166643_2043313.jpg









午前中の柔らかい木漏れ日の中、咲き始めの彼岸花・・・

d0166643_2047285.jpg










d0166643_20482355.jpg










d0166643_2164240.jpg








まだ咲き始め、これから咲きそうなつぼみが多い・・・

d0166643_20515721.jpg








少し湿った山道を滑りそうに成りながら登って行くと、日当たりの良い場所は奇麗に咲いている。

d0166643_2104870.jpg










d0166643_2134298.jpg








お気に入りの羅漢さんは何時もにこやか、何だかホッとして癒される笑顔・・・

d0166643_20385233.jpg








暫らく来ない内に新人の羅漢さんが仲間入り、空を見て何か考えているのかな、それとも・・・??

d0166643_21101247.jpg








これまた美味しそうに蕎麦を食べている側で、羨ましそうにしている2人の新人羅漢さん・・・

d0166643_21114748.jpg








話好きな長老羅漢さん達はいつも楽しそう、何を話しをしているのだろう、きっと噂話・・・(笑)

d0166643_21183075.jpg

[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-20 10:40 | つれづれ散歩 | Comments(0)
2013年 09月 08日

秋の味覚

今朝起きた途端、2020年東京オリンピック決定の嬉しいニュースが飛び込んで来た。

前回の東京オリンピックは高校生の時、友人3人と手分けして徹夜で並び、水泳、バレーボール、
国立競技場の陸上競技のチケットをゲット、ワクワクした感動の思い出が懐かしく蘇える。
クラス担任にチケットを見せるとオリンピック見学は授業を出席扱いにしてくれた中々話せる担任でした。
7年後のオリンピック、それまで元気で居なければ・・・(笑)



今日は楽漕会で都心を走り、築地で美味しい寿司を食べる計画だったのだが、雨の予報、
大雨に成ったら走りは無理なので残念だが中止。
ここの所、天気が不安定で雷雨やゲリラ豪雨、竜巻、温暖化の影響が出ているのかな・・・

朝の空模様は、まだ雨は降っていないので久しぶりに多摩川散歩に出掛ける事にした。
稲城市に入った所で稲城梨のノボリ見えて来た。
折角いつもの梨直売所の近くに来たので寄って見る事した。

稲城梨はそろそろ終わりらしいが、形は不揃いだが特大の梨が安く売っていた。
味は優良品と同じ甘味だと言うので早速ゲット・・・今夜のデザート!!




お気に入りの稲城市多摩川河川敷の散歩コースを歩く・・・
歩き始めると、ぽつぽつと雨が降り出したが濡れる程でもなく気持ち良い・・・
d0166643_18412181.jpg



8月は猛暑が続き、熱中症を避ける為に余り歩いていなかった。
久しぶりなので、張り切って歩いていたら途中で雨が本降りに成って来たのでやむなく終了。

携帯の万歩計で9708歩、7572m、
この万歩計の精度は当てに出来ない、実際には一万歩は歩いていると思う・・・(汗)
d0166643_18424074.jpg



帰ってから直ぐに生温かい梨を食べた時は、甘味が今一、外れかな思ったが、
夜のデザートで冷やして食べると、不思議な事に別の梨だと思う程、甘味が増し大変美味しい、
何でも美味しい食べ頃が有るのを実感した・・・

暫らくは美味しい稲城梨が楽しめそうだ・・・
d0166643_18384574.jpg

[PR]

by rakusou-cc | 2013-09-08 21:19 | つれづれ散歩 | Comments(0)